最新情報
 

ホメオパシー

 日本学術会議は24日、最近広まっているとされる療法「ホメオパシー」について、「科学的に明確に否定されている。治療に使用することは厳に慎むべき行為」との金沢一郎会長名の談話を発表しました。

 ホメオパシーは、健康な人間に投与するとある症状を引き起こす物質を患者にごく少量投与することにより、似た症状の病気を治すという療法。植物や鉱物などを入れてかくはんした水を極めて薄く希釈、砂糖の玉に染み込ませて与えるなどする治療法です。
 国内では、医療関係者の間でも一部で使用が広がっています。最近では、新生児の頭蓋(ずがい)内出血防止に有効なビタミンK2シロップの代わりとしてホメオパシー治療を受けた乳児が死亡し、親と助産師の間で訴訟に発展したケースもあります。 
 談話は、ホメオパシーについて「科学的根拠がなく、荒唐無稽(むけい)。今のうちに排除しなければ、『自然に近い安全で有効な治療』という誤解が広がり、深刻な事態に陥ることが懸念される」としています。 

 現代医学でも科学的に解明できないことがたくさんあることも事実ですが、少なくとも「科学的に明確に否定」されるような治療は行うべきでないと、私たちは考えます。伝統医学、代替療法などが注目される昨今、興味を持たれた治療法があればは是非一度、薬剤師に相談してみてください。