最新情報
 

ダーゼンの自主回収

消炎酵素製剤「ダーゼン®」は、感冒の去痰を目的に処方されるほか、同じ成分が市販薬の風邪薬にも配合されています。1968年から使われてきた薬ですが、その効き目が確かなものかを改めて試験したところ、有効性がないという結果になり、メーカーが回収することになりました。試験の結果が正しいのかという疑問も残りますが、もし本当に有効性がないとしたら、年間数十億円が40年以上にわたり無駄に使われたことになります。
古い医薬品の有効性は昔の技術水準によって試験されているため、試験をし直してみると(薬効再評価)有効性が認められないことがしばしばあります。わが国で最初の薬効再評価は昭和50年ごろ行われました。当時は、効くと信じていた薬に効果がないことがわかり医師、薬剤師に衝撃が走りました。以来、今日まで多くの薬が姿を消して行きました。