最新情報
 

禁煙薬チャンピックスに心臓病リスク 

日本では「チャンピックス」の名称で発売されています。以下は、アメリカ合衆国での動きです。

米食品医薬品局(FDA)は16日、製薬大手ファイザー(Pfizer)の禁煙薬「チャンティックス(Chantix、一般名:バレニクリン varenicline)」について、循環器系の既往症がある人の心臓病リスクをわずかながら高める恐れがあるとして、添付の説明書に注意書きを加えるよう指示した。
 喫煙者700人を対象とした臨床試験で、プラセボ(偽薬)と比較して心臓発作、狭心症、動脈血栓症のリスクが増加する傾向が、一部対象者に見られたという

FDA が添付の説明書に修正を指示するのは、因果関係、副作用リスクが確実な場合で、日本国内でも同様な措置が行われるものと考えられます。服用中の方、禁煙をお考えの方はどうぞ薬剤師に相談してください。