最新情報
 

人体と放射性物質

東大・児玉龍彦教授が衆議院厚生労働委員会で証言しました
http://www.youtube.com/watch?v=O9sTLQSZfwo&feature=player_embedded
http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.php?deli_id=41163&media_type=wb

科学者として素晴らしい行動をされてきたと思います。また、この証言も衝撃的なので、できれば全文をお読みになることをお勧めします。お話の中に医薬品の副作用被害としての内部被爆がでてきます。
(以下、引用)
「トロトラストの場合の、このちょっと小さい数字なんで大きい方は後で見て欲しいんですが
これは実際に、トロトラストというのは造影剤でして
1890年からドイツで用いられ1930年ごろからは日本でも用いられましたが
その後20〜30年経つと肝臓がんが25%から30%に起こるという事がわかってまいりました

最初のが出てくるまで20年というのは何故かというと
最初にこのトロトラスト、α―線核種なんですが
α―線は近隣の細胞を傷害します
その時に一番やられるのはP53という遺伝子です
我々は今ゲノム科学というので、人の遺伝子、全部配列を知っていますが
一人の人間と別の人間は大体300万箇所違います

ですから人間同じとしてやるような処理は今日では全く意味がありません

いわゆるパーソナルライフメディスンというやり方で
放射線の内部障害をみる時も
どの遺伝子がやられて、どういう風な変化が起こっているかという事をみるということが
原則的な考え方として大事です
トロトラストの場合は第一段階ではP53の遺伝子がやられて
それに次ぐ第二第三の変異が起こるのが20〜30年後かかり
そこで肝臓がんや白血病が起こってくるという事が証明されております
(引用終わり)

 二酸化トリウムコロイドを主剤とするX線 造影剤トロトラストは、わが国では広島、長崎の原爆に次ぐ大規模な放射線による健康障害をもたらしました。体内に注入されたトロトラストは肝臓や骨髄などに沈着しα線を長年月にわたって放出する。数十年経過後、肝がん、肝硬変や白血病を発症し、死亡率も高いことが明らかにされています。
内部被爆の研究は、このトロトラストによる副作用事件により大きく進みました。