最新情報
 

チャンピックスによる意識障害

禁煙補助薬「チャンピックス」による意識障害が報告されています。
日本で初めての内服薬として3年前に販売が開始され、年間、およそ41万4000人が服用しています。厚生労働省によりますと、ことし4月までにこの薬を服用していた40代から70代までの男女6人が、副作用とみられる症状で意識を失い、このうち3人は車の運転中で、道路脇の溝に突っ込むなどの事故を起こしていました。このため、厚生労働省は、製薬会社に対し、薬の添付文書を改訂して服用後は車の運転をしないことや、副作用について注意喚起するよう指示しました。くわしくは薬剤師に相談してください。