最新情報
 

子宮頸がん予防(HPV)ワクチン

子宮頸がん予防(HPV)ワクチンについて(任意接種)


☆緊急のお知らせ
 子宮頸がん予防ワクチンの無料接種は平成24年3月31日で終了します。
 このワクチンは6か月かけて3回接種を受ける必要があることから、3回とも無料で受けるためには、
9月中に接種を開始する必要があります。
(平成24年4月以降の接種は実費負担となります。)

☆子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)、インフルエンザ菌b型(ヒブ=Hib)ワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンの安全性について検証する厚生労働省の専門家会議が9月12日に開かれ、いずれのワクチンも「安全性に問題はない」と結論付けました。

子宮頸がん予防ワクチンについては、安全性と有効性に疑念がある、とする意見も根強く、個人的には現時点でどちらが正しいとも言い切れないと考えています。もし不安があるようでしたら、当薬局でご相談ください。