最新情報
 

プラザキサ 死亡例は23例

プラザキサ 市販直後調査・期間終了後報告 死亡例は23例
公開日時 2011/10/21 05:02

日本ベーリンガーインゲルハイムは、直接トロンビン阻害剤・プラザキサカプセル(一般名:ダビガトランエテキシラート)の市販直後調査の期間終了を受け、結果をまとめ、発売から6カ月間で、死亡例が23例、重篤な出血性の副作用が138例報告されたと発表した。調査期間は、3月14日〜9月13日までの6カ月間。集計された副作用は、1492例2357件にのぼった。

死亡症例23例の内訳をみると、重篤な出血性副作用は14例(消化管:9例、頭蓋内:3例)だった。このうち、投与禁忌とされる“高度な腎障害患者”は7例含まれていたほか、慎重な投与が求められる70歳以上の高齢者は13例、75歳以上は12例、80歳以上は10例含まれていた。また、併用注意の薬剤を併用しているケースが9例(アスピリン:6例 など)だった。


発売時に、これまでの薬剤と比べて安全で使い易いと喧伝されたことから、使用において慎重を欠いたのではないかと個人的には推測します。服用にあたっては薬剤師による“禁忌症”のチェック、既往歴や併用薬の確認が、安全に服用するための最後の砦になります。