最新情報
 

ビタミンEの話題

まだラットやマウスによる動物実験の段階ですが、ビタミンE(dl-α-トコフェロール)に関する研究が注目されます。この2012年3月4日付けのNature Medicine 誌オンライン版に発表された標記内容の研究が掲載されています。     http://www.nature.com/nm/journal/vaop/ncurrent/full/nm.2659.html
Vitamin E decreases bone mass by stimulating osteoclast fusion
Koji Fujita, ・・・・・ ・・・・・ Hiroshi Itoh, ・・・・ Shu Fujita
Natutre Medicine (2012) doi:10, 1038/nm.2659 04 March 2012

慶應義塾大学医学部の竹田秀特任准教授や伊藤裕教授らは、(1)東京医科歯科大学、東京大学、大阪医科大学などとの共同研究で、α-トコフェロール輸送タンパクを欠くために血中ビタミンE濃度が極めて低い ”ビタミンE欠乏モデルマウス” では、破骨細胞が小さくて骨吸収がうまく進行しないため、全身の骨量が増加していたが、破骨細胞の培養にビタミンEを添加すると、破骨細胞は巨大化して骨吸収能が亢進すること、更に(2)正常なマウスおよびラットは、ヒトがサプリメントとして服用している量に相当するビタミ
ンEを添加した餌で8週間飼育すると、骨吸収が亢進して骨粗鬆症を発症することを認めた
のです。
http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2011/kr7a43000009bqy6-att/120305_1.pdf
ビタミンEの過剰摂取は骨粗鬆症を引き起こすことを発見  ― 骨の健康にも配慮した適量な接種を ―
で、図表入りの詳しい解説をしています。

欧米でも早速にBBC放送が採り上げるなどいろいろと報道されていますが、切りがあり
ませんので、比較的内容の詳しい一例だけを挙げるにとどめます。
http://www.helpingyoucare.com/18336/vitamin-e-supplements-may-weaken-bones-new-mouse-study-suggests
Vitamin E supplements may weaken bones, new mouse study suggests

エーザイ株式会社は各種製剤の原材料としてのビタミンEを世界中に供給している大メーカーで、新聞、テレビなどメディア界では広告の大スポンサーでもあるので、同社に遠慮して我が国ではあまり報道されないかもしれません。