最新情報
 

鬱病に関する話題

newsweekjapanにこんな記事がありました。
さまざまな抗鬱薬が発売され、それなりに効果はあるとは思いますが、服用している患者さんとお話していると、意外に日常生活のあり方を変えること、特にアウトドア活動やウォーキングで改善しているような気はしていました。以下、ニューズウィークに掲載された記事で、研究によりそれが明らかになったようです。


手軽で副作用のないウォーキングで、鬱の症状が改善されることが明らかに

 ウオーキングという単純な運動に「鬱を改善する」効果があるかもしれない。スコットランドで行われた研究で、そんな頼もしい調査結果が発表された。運動が鬱の治療に役立つことは以前から知られていたが、ウオーキングのような軽い運動にもその効果があるかどうかは、それほど明らかになっていなかった。

 今回、英スターリング大学の研究者たちは、ウオーキングと鬱に関する過去の研究結果を再調査。その結果、ウオーキングがメンタルヘルスにおいて重要な役割を果たすことを示す研究結果をこれまでに8つ探し出した。この8つの研究では、合計341人が調査対象となっていた。

 今回発表されたのは、「一定の割合の人々に対して、ウオーキングが鬱症状の改善に大きな効果をもたらすことが統計的に明らかになった」ということだ。
鬱の治療にどの程度のウオーキングが必要なのかは明確になっていないが、「ウオーキングは多くの人々が手軽に実行できるという利点がある」と、スターリング大学の研究者たちは言う。

 運動が鬱を改善させるシステムは明らかになっていない。だが運動によって心配事を忘れて気を紛らせたり、自分自身をコントロールする感覚を養ったり、リラックスして「快感ホルモン」の分泌が促されたりすることが考えられると、精神科治療における運動の効果を研究する英エクセター大学のエイドリアン・テイラーは言う。

 よりよいメンタルヘルスを目指す慈善団体「マインド」の独自研究によれば、屋外で時間を過ごすだけでも人々の精神状態を改善させる効果があるという。

 さらにウォーキングには、薬物治療のような副作用もない。最近では、妊婦が抗鬱剤を使用することの是非について専門家の間で議論になることが多かった。妊娠中の抗鬱剤服用と、出産後の子供の自閉症や高血圧症状との関連を示す研究結果も出ている。

「医薬品は通常、市場に出回る前に妊婦を対象にした試験は行われない」と、カナダ・モントリオール大学付属の研究センターで研究員を務めるアニク・ベラールは言う。「市場に出る時点で、それが妊婦にどんな影響を及ぼすかといった臨床データはまったくない」

 2004年には、抗鬱剤と子供の自殺率の関連性を示す情報を公表しなかったとして、米食品医薬品局が非難を浴びた。また、高齢者の場合は抗鬱剤の服用が転倒事故の原因になるとの報告もある。

 ウオーキングに鬱を改善する効果があるなら、そんなリスクとは無縁で治療が続けられる。「ウォーキングのよさは何より、誰もがやっているという点だ」と、テイラーは言う。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2012/04/post-2519.php