最新情報
 

ラドンと肺がん発症リスク

健康に良いとされるラドン温泉 
ホルミシス作用(微量の放射線は有用)という考え方がある一方で、ラドンと肺がん発症のリスクが発表されています。


It's Your Health
Radon
Date Modified: 2012-04-20

http://www.hc-sc.gc.ca/hl-vs/iyh-vsv/environ/radon-eng.php

最近の科学研究で、カナダの一部の家庭内で検出される量のラドンと肺がん発症リスクが高くなることに関連が見つかっている。ラドンの問題があるかどうかを知る唯一の方法は自宅を検査することである。

ラドンは天然に土壌や岩に含まれるウランが崩壊してできるガスである。ラドンは見えず、臭いもせず、味もない。カナダの屋内ラドンガイドラインは2007年に改訂され、年間平均で200ベクレル/m3を超える場合には低減対策をとるべきである。

カナダでは肺がんの約10%がラドンに関連するとされ、喫煙についで二番目の肺がんの原因である。喫煙者でラドン濃度が高い場合には3人に1人が肺がんになり、ラドン濃度が高いだけだと20人に1人である。

カナダのガイドライン値を超える家は約7%である。どの家が高いかどうか予測することはできない。

ラドン検査は簡単で安価である。