最新情報
 

患者による副作用報告

当薬局でもご案内していますが、今年3月26日、患者から直接、副作用の報告ができる新しい制度がスタートしました。
薬と医療機器の審査や安全対策を担う独立行政法人「医薬品医療機器総合機構(PMDA)」が運用するもので、患者や家族が、インターネットで報告できます。
試行段階ですが1か月で64件の報告が集まったと報じられています。

手順;
PMDAの医薬品医療機器情報提供ホームページで、「一般の皆様向け」欄の「患者副作用報告」に入力する。
副作用の症状と経過、使っているすべての医薬品名、過去の副作用履歴といった症状に関する情報のほか、氏名、年齢、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報が必要になる。かかっている医療機関の連絡先や担当医名を知らせることもできる。


この制度は、ウイルスに汚染された血液製剤でC型肝炎感染が相次いだ薬害肝炎問題を受け、発足した「薬害肝炎事件の検証委員会」の提言がきっかけで創設されました。製薬会社や医療機関による報告だけではすくい上げられない患者の声を集めることが、安全対策に有効との考えによるものです。
患者による副作用報告制度は、欧米を中心に約50か国で導入されています。

PMDAの医薬品医療機器情報提供ホームページ http://www.info.pmda.go.jp/index.html