最新情報
 

経口避妊薬ダイアン35に関する話題

日本の国内法では認可されていませんが
ダイアン35はインターネットで販売されています
ネット通販へのリンク
ネット通販へのリンク名
(利用してはいけません!)

フランス医薬品安全庁はこの医薬品の販売を停止すると発表しています。

血栓リスクでDiane-35 (ダイアン35)の販売を中止(仏)
Posted on 2013年01月30日 | 2 Comments
 第3、第4世代の経口避妊薬の血栓リスクについて注意喚起を行っている仏医薬品安全庁(ANSM:the National Agency for the Safety of Medicines)(TOPICS 2013.01.06)ですが、経口避妊薬としても広く使われているにきび治療薬 Diane-35 (含むジェネリック品)の販売を中止(停止)すると発表しています。(3か月で処方も完全停止)
Pour la sécurité des patientes, l’ANSM engage une procédure de suspension de l’AMM de Diane 35 et de ses génériques – Communiqué
(ANSM 2013.01.30)
仏医薬品安全庁へのリンク

France pulls acne drug after contraception deaths
(Telegraph 2013.01.30 AFP配信)

 Diane-35は、抗アンドロゲン(男性ホルモン)薬のシプロテロン酢酸塩(日本では以前、アンドロクールの名前で発売されていたが、今はこの成分を含むものは販売されていない)とエチニルエストラジオールの合剤で、もともとにきび治療薬として世界116か国で発売されていますが、排卵抑制作用があることから、医師が避妊薬として処方することが少なくなかったそうです。

 フランスでは、315,000人がこのDiane-35が使用しているのですが、今週、この25年間に125人が血栓関連の病気にかかり、うち4人が死亡していたと報じられ、フランス当局の対応が注目されていました。