最新情報
 

医薬品安全対策情報 No.225

ドネペジル塩酸塩(アリセプト錠・細粒(エーザイ)など)
一部改訂
「本剤の投与により、QT延長、心室頻拍(torsades de pointesを含む)、心室細動、洞不全症候群、洞停止、高度徐脈、心ブロック(洞房ブロック、房室ブロック)等があらわれることがあるので、特に心疾患(心筋梗塞、弁膜症、心筋症等)を有する患者や電解質異常(低カリウム血症等)のある患者等では、観察を十分に行うこと。」
追記
「アルツハイマー型認知症では、自動車の運転等の機械操作能力が低下する可能性がある。また、本剤により、意識障害、めまい、眠気等があらわれることがあるので、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事しないよう患者等に十分に説明すること。」

ピルシカイニド塩酸塩(サンリズム錠など)
追記
「めまい等があらわれることがあるので、自動車の運転等、危険を伴う機械の操作に従事する際には注意するよう患者に十分に説明すること。」

ボセンタン水和物(トラクリア錠 (アクテリオンファーマシューティカルズジャパン))
「重大な副作用」追記
「心不全、うっ血性心不全:
心不全が増悪することがあるので、投与中は観察を十分に行い、体液貯留、急激な体重増加、心不全症状・徴候(息切れ、動悸、心胸比増大、胸水等)が増悪あるいは発現した場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。」

ほか、詳しくはhttp://www.info.pmda.go.jp/dsu/DSU225.pdf