最新情報
 

西アフリカのエボラ出血熱「これまでで最も深刻」 WHO、死者110人超

西アフリカのエボラ出血熱「これまでで最も深刻」 WHO、死者110人超

 世界保健機関(WHO)のフクダ事務局長補は8日、ジュネーブで会見し、西アフリカで発生したエボラ出血熱について「これまでのエボラ出血熱の流行で最も深刻なものの一つ」と指摘、強い懸念を示した。感染が疑われる死者の数は110人を超え、WHOは拡大阻止に向け警戒強化に乗り出した。