最新情報
 

腸管出血性大腸菌、患者数が急増- 東京都内で馬刺し食中毒疑いも

腸管出血性大腸菌、患者数が急増- 東京都内で馬刺し食中毒疑いも
腸管出血性大腸菌感染症の4 月7 日から13 日までの週の患者報告数が前週比2.5 倍の68 例となったことが、国立感染症研究所のまとめで分かった。3 週連続で報告数が増えており、集団食中毒が起きた自治体では、原因となった食品を加工した業者に対し営業停止を命じるなど感染の拡大防止に務めている。