最新情報
 

注目すべき感染症報告

●A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(小児科定点報告疾患):報告数6044例

 定点当たり報告数は1.95で18週に入って減少した。定点当たり報告数を都道府県別に見ると、山形(3.97)、新潟(3.79)、石川(3.41)の順に多い。

●流行性角結膜炎(眼科定点報告疾患):報告数349例

 定点当たり報告数は0.53で18週に入り減少した。定点当たり報告数を都道府県別に見ると、富山(2.57)、熊本(1.89)、群馬(1.79)の順に多い。