最新情報
 

オレイン酸のような健康的な脂肪を消費することは心臓の健康に効果がある

オリーブオイルに多く含まれる一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸は、心不全の動物モデルのエネルギー代謝を回復させる、というイリノイ大学シカゴ校(UIC)による研究。

研究チームは、オレイン酸もしくは、西洋食に関連付けられており乳製品・動物性脂肪・パーム油に含まれているパルミチン酸のいずれかを与えられたラットの心臓の反応を検討した。

研究チームは磁気共鳴分光法を用いて検出した炭素の非放射性重同位体をマウスに着け、病気の心臓の細胞中の脂肪分子の位置を追跡した。この技術により、代謝のような生化学反応、つまり臓器が機能しているところをリアルタイムで観察できるのである。

その結果、オレイン酸を与えられた心臓に欠陥のあるラットの心臓の収縮や血液の圧送が、即時に改善されることを観察し、心臓の心筋細胞内の脂肪の代謝が正常化されたのである。

しかし、パルミチン酸を与えられたマウスは対照的に、脂肪の代謝が不均衡となり、細胞が燃料にアクセスするのに苦労していた。さらに脂肪代謝の調節不全の結果、有毒な脂肪副産物も上昇していた。

脂肪代謝のバランスを取り、有毒な脂肪代謝を減少させることに加え、オレイン酸は脂肪を代謝する酵素に関連する遺伝子の活性化も回復した。

UICセンター心血管研究センターのセンター長であるダグラスル・バンドウスキー博士は次のように語った。

「これらの遺伝子は肥大心では抑制されている。そのため、一般的な食事性脂肪であるオレイン酸を摂取するだけで、有益な遺伝子発現の回復だけでなく、よりバランスのとれた脂肪の代謝を回復でき、有毒な脂肪の代謝物を減らすことができるという事実は非常にエキサイティングな発見である。 本研究はオレイン酸のような健康的な脂肪を消費することは、たとえ病気を発症していても、心臓の健康に効果があるということを示すものである。」
出典は『循環器』。 (論文要旨)    

http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&-Format=detail.htm&kibanID=46212&-lay=lay&-Find