最新情報
 

宮崎で鳥インフル陽性、簡易検査で 4000羽を殺処分へ

宮崎県は16日、同県延岡市北川町の養鶏場で死んだ鶏から遺伝子検査で強い毒性を持つ高病原性鳥インフルエンザが検出されたことを明らかにした。県は感染拡大を防ぐため、養鶏場で飼育する約4000羽を殺処分し、養鶏場の消毒などの防疫措置をとる見通し。