最新情報
 

“相談薬局”制度導入へ

“相談薬局”制度導入へ‐薬剤師の地域浸透目指す神奈川県薬剤師会

 神奈川県薬剤師会は、「くすりと健康相談薬局」制度を導入することを決めた。今月初旬の理事会で決定したもので、3月15日に開く臨時総会で同制度の詳細等を報告する。

 同会関係者によると「強欲な調剤薬局企業に対する社会的批判を背景に、公益社団法人である薬剤師会には、薬局の公益性、薬物療法に対する薬剤師の責任など、時代に合った規範が求められている」とし、新制度設置に至った問題意識を説く。

 同制度は、地域薬剤師会との共同事業として展開、地域社会へ浸透を目指す。また、認定に当たり薬剤師に関する要件が示されており、神奈川県薬独自の生涯学習認定によって倫理を担保することとし、県薬生涯学習制度とのリンクを図ることも特徴。さらに、経営者に関する要件も含まれる。適切な保険請求、管理薬剤師の意見を尊重していることが求められる。

 これまでの日本薬剤師会基準薬局制度がハード面を重視していた制度であったのに対し、どちらかというと薬剤師個人の能力・資質、薬局自体の適正性なども考慮に入れた内容となっており、新たな視点での取り組みとなる。