最新情報
 

骨粗しょう症 テリパラチド連日投与の市販後調査中間解析結果

テリパラチド連日投与の市販後調査中間解析結果
提供元    ケアネット      · 公開日:2015/08/19  
·
 近畿大学医学部 奈良病院 整形外科・リウマチ科の宗圓 聰氏らは、骨折リスクが高い日本人骨粗鬆症患者における、テリパラチド連日投与の有効性および安全性を検討する観察研究Japan fracture observational study(JFOS)について、試験デザイン、患者背景および中間解析結果を報告した。その中で、日常診察下におけるテリパラチドの有効性プロファイルは臨床試験ならびに欧州・米国で行われた観察研究の結果と類似していることを提示した。Current Medical Research & Opinion誌オンライン版2015年7月20日号の掲載報告。

 研究グループは、骨折の危険が高い骨粗鬆症患者(男性/女性)に1日1回テリパラチドを投与し、3、6および12ヵ月後に評価した。

 本中間解析は、臨床骨折、骨密度(BMD)、I型プロコラーゲン-N-プロペプチド(P1NP)、腰背部痛、健康関連QOL(HRQOL)および有害事象についての予備的報告である。

 主な結果は以下のとおり。

・1,810例(女性90.1%)が登録された。
・本研究の対象は、他の観察研究でテリパラチドが投与された骨粗鬆症患者と比較し、年齢は高いが骨粗鬆症のリスク因子は少なかった。
・臨床骨折の発生率は、6ヵ月後2.9%、12ヵ月後3.7%であった。
・12ヵ月後の平均BMDは、ベースラインと比較して腰椎で8.9%、大腿骨近位部で0.8%増加した。
・6ヵ月後の血清P1NP濃度中央値は、ベースラインと比較して187.7%高値であった。
・12ヵ月後の疼痛スコア(視覚アナログスケールによる評価)はベースラインより低下し、HRQOLスコアは上昇した。
・新しい有害事象は観察され なかった。
(ケアネット)
原著論文はこちら
Soen S, et al. Curr Med Res Opin. 2015 Jul 20:1-30. [Epub ahead of print]
リンク