最新情報
 

ベンジルアルコールの添加、確認を  厚労省通知

ベンジルアルコールの添加、確認を  厚労省通知
 厚生労働省医薬・生活衛生局安全対策課は13日付で都道府県に向け課長通知(薬生安発1013第1号)を出し、注射剤に添加剤としてベンジルアルコールが含有されているかどうかを確認するよう指示した。さらに新生児に使用される可能性がある場合は、添付文書の改訂を求める。

 通知では、ベンジルアルコールを含有する注射剤で、新生児に使用される可能性があり、注意喚起が行われていない場合は、添付文書の「小児等への投与」の項に「低出生体重児、新生児に使用する場合には十分注意すること」などと記載するよう求めた。ただし、その医薬品が新生児への投与を禁忌としている場合や、新生児への使用を想定していない場合は、使用上の注意の改訂は不要。