最新情報
 

ポリミキシンに対する耐性をもたせる遺伝子

  細菌に、抗生物質の「最後の砦」とされるポリミキシンに対する耐性をもたせる遺伝子が、中国の科学者らにより特定された。この遺伝子はmcr-1と呼ばれ、中国南部のブタおよびヒトが保有する腸内細菌科(Enterobacteriaceae)の菌に見つかったもの。この報告は「The Lancet Infectious Diseases」に11月18日掲載された。

 研究著者である華南農業大学(中国、広州)教授のJian-Hua Liu氏によると、ポリミキシン(コリスチンおよびポリミキシンB)は、その耐性が細菌から細菌へと伝播されない最後の抗生物質クラスだったという。しかし、これまでに見つかっていたコリスチン耐性は染色体変異によるものであったのに対し、新たな遺伝子は、容易にコピーされて細菌間を移行できるプラスミド上に見つかっている。「このことは、異なる種類の細菌に伝播しやすい多剤耐性遺伝子の出現を示すものだ」と、Liu氏は警告する。

 この新たな耐性遺伝子の発生を促した原因は抗生物質の大量使用だと、研究チームは話す。コリスチンは中国で家畜に広く使用されており、この耐性がブタからヒトへ広がったと考えられている。「mcr-1の出現は、最後の抗生物質群が突破される前触れである。現在は中国に留まっているが、やがて世界中に広まる可能性が高い」とLiu 氏らは述べ、家畜へのポリミキシン使用の見直しと、国際的なmcr-1の監視が急がれると指摘している。中国政府は、家畜飼料添加物としてのコリスチン使用のリスク評価に着手している。

 米ウィンスロップ大学病院(ニューヨーク州)のBruce Polsky 氏は、「コリスチンは、他の手段を使い尽くした多剤耐性菌に対する最後の選択肢だ」と述べ、緊急な措置が必要であることに同意している。「コリスチンを温存するには、家畜飼料への抗生物質の使用を厳しく制限し、動物に定着する細菌の耐性獲得を低減する必要がある」と同氏は話す。

 米ノースショア大学病院(マンハセット)のBruce Hirsch氏は、これまで細菌がポリミキシン耐性をもつことはまれであったが、今回の知見は憂慮すべきものだとして、「この新たな耐性遺伝子をもつ細菌が拡大すれば、重篤な感染症患者に対して医師がほとんど何もできなかった時代へ逆戻りする可能性がある」と述べている。専門家らは、不必要な抗生物質の使用を減らす責任は医師や患者にもあると指摘している。
[2015年11月08日/HealthDayNews]
原著論文はこちら
Liu YY, et al. Lancet Infect Dis. 2015 Nov 18. [Epub ahead of print]