最新情報
 

緑内障治療用ステントの承認了承 薬食審、米グラウコスの「アイステント」

緑内障治療用ステントの承認了承 薬食審、米グラウコスの「アイステント」
厚労省の薬事・食品衛生審議会(薬食審)医療機器・体外診断薬部会は先週、米グラウコス・コーポ
レーションが申請していた緑内障治療用ステント「アイステント トラベキュラー マイクロデバ
イス ステント システム」の承認を了承した。事務手続きを経て、近く承認される見通し。
アイステントは、ヘパリンをコーティングしたチタン合金製の超小型ステント。白内障患者が眼
内レンズを埋め込む際につくる角膜開孔部に挿入する。新たな流路を確保して房水排出を促し、眼圧を低下させる。白内障を合併した軽度から中度の緑内障患者が対象。国内ではシミックが製造販売業者となっている。