最新情報
 

厚労省 「ラピアクタ」や抗凝固剤などの使用上注意改訂を指示

厚労省 「ラピアクタ」や抗凝固剤などの使用上注意改訂を指示
 厚生労働省は21日、医薬品の使用上の注意改訂を指示した。塩野義製薬の抗インフルエンザウイルス薬「ラピアクタ」(一般名=ペラミビル水和物)について、重大な副作用の「ショック」の項に「アナフィラキシー」を追加することとした。医薬品医療機器総合機構の報告書によると、直近3年間で関連症例が17例報告されており、因果関係が否定できない症例8例のうち、死亡1例が報告されている。

 第一三共の抗凝固剤「リクシアナ」(エドキサバントシル酸塩水和物)の重大な副作用には「肝機能障害、黄疸」を追記。バイエル薬品の抗凝固剤「イグザレルト」(リバーロキサバン)の重大な副作用には「血小板減少」を加えることとした。

 ノバルティスファーマのDPP4阻害薬「エクア」(ビルダグリプチン)「エクメット配合錠」(ビルダグリプチン・メトホルミン塩酸塩配合剤)と、MSDの「ジャヌビア」(シタグリプチンリン酸塩水和物)、小野薬品の「グラクティブ」(同)の重大な副作用に「類天疱瘡」を加えるよう求めた。

 そのほか、日本ベーリンガーインゲルハイムの抗がん剤「ジオトリフ」(アファチニブマレイン酸塩)の重大な副作用に「急性膵炎」、中外製薬「タミフル」(オセタミビルリン酸塩)の重大な副作用に「虚血性大腸炎」を追記。サノフィの抗アレルギー配合剤「ディレグラ」(フェキソフェナジン塩酸塩・塩酸プソイドエフェドリン)の重大な副作用と、塩酸プソイドエフェドリンを含有するOTC薬の「相談すること」の項に「急性汎発性発疹性膿疱症」を記載することなどを指示している。