最新情報
 

米国で全ての抗生物質に耐性をもつ「スーパー耐性菌」を確認

米国で全ての抗生物質に耐性をもつ「スーパー耐性菌」を確認
ペンシルベニア州の尿路感染症患者で
既存の全ての抗生物質に耐性をもつ細菌感染が、米国内で初めて確認された。この数年、どの抗
生物質も効かない「スーパー耐性菌(superbug)」がいずれ出現すると警告されてきたが、今回のペン
シルベニア州の 49 歳女性の例は、その日が近いことを示唆するものである。
「緊急に対処しなければ、抗生物質の限界が来る」と、米国疾病管理予防センター(CDC)の Tom
Frieden 氏は、米ワシントン D.C.で開催されたナショナルプレスクラブのイベントで述べている。
今回の患者は命を取りとめたが、耐性が他の細菌にも拡大する恐れがあるという。
女性は、尿路感染症でクリニックを受診した。原因はよくみられる大腸菌への感染だったが、検
査では第一選択の抗生物質に対する耐性が認められた。他の抗生物質が奏効したものの、その後の
検査で、特定の大腸菌がコリスチンという薬剤への耐性遺伝子をもつことが判明した。
AP 通信によると、コリスチンは副作用がひどいために 1970 年代に人気を失った古い抗生物質だ
が、現在はカルバペネム系抗生物質に耐性をもつ難治性の細菌に対して使用されている。カルバペ
ネムは最後の砦とされる薬剤の 1 つで、カネバペネム耐性菌がコリスチンに対しても耐性を獲得す
ると、感染症の治療選択肢はもう存在しないという。
CDC の新興感染症プログラムを監督する Beth Bell 氏は、「これは忌まわしいパズルの新たな 1
ピースである」と述べる。世界ではスーパー耐性菌の症例が既に認められていたが、米国内で発生し
たのは今回が初めて。米ウォルター・リード軍人医療センター(メリーランド州ベセスダ)の研究グル
ープが今回の感染例を確認し、米国微生物学会の会誌に 5 月 26 日報告された。
この女性は最近米国外に出ておらず、CDC およびペンシルベニア州保健当局はコリスチン耐性大
腸菌の感染経路の解明に努めている。コリスチン耐性遺伝子はカナダ、中国、ヨーロッパのヒトや
動物に認められている。AP 通信によれば、米国保健当局は先ごろ米国内のブタでコリスチン耐性大
腸菌が見つかったと報告しているが、今回の症例との関連は考えにくいとのこと。