最新情報
 

C型肝炎治療薬の偽造品=奈良の薬局チェーンで発見−厚労省

厚生労働省は17日、奈良県内の薬局チェーンで、米ギリアド・サイエンシズの日本法人が販売するC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が発見されたと発表した。偽造品に含まれる成分を調査中で、厚労省と同社は患者や医師、薬剤師に対し注意を呼び掛けている。
 同社によると、これまでに偽造品の服用による健康被害などの報告はないという。同錠と明らかに外見の異なる錠剤が、単独や、外見の類似したものと混在した形で見つかった。偽造品は、同社の正規取引先以外の経路から入手されていたという。
 厚労省によると、ハーボニー配合錠は1錠約5万5000円の高額薬品で、2015年9月に国内販売が開始された。昨年12月までの利用者は約7万6000人。 (2017/01/17-11:09)

ギリアド社プレスリリース