最新情報
 

欧州ではしか急増 厚労省、旅行者に注意喚起

欧州ではしか急増 厚労省、旅行者に注意喚起
厚労省は 18 日、イタリアとルーマニアを中心に欧州ではしか患者が大きく増えているとして、欧州へ行く人に注意を呼び掛けた。海外に行く人が多い時期でもあり、帰国後に高い熱や全身の発疹などの症状がでたら、すみやかに医療機関に相談してほしいとしている。
日本は土着のウイルスによる感染がない「排除状態」と認定されているが、今年は海外で感染した人を起点とする集団感染が起きており、6 日までの患者数は 169 人で、昨年をすでに上回っている。
イタリアでは 8 月までに約 4100 人、ルーマニアでは約 6500 人の患者が出ている。昨年 1 年間の患者数は、イタリアが約 860 人、ルーマニアは約 2 千人だった。
はしかは鼻水や目の充血のほか、高熱と発疹が出る。ウイルスは空気感染し、感染力が非常に強いため注意が必要だ。肺炎など合併症を引き起こすこともあり、先進国でも千人に 1 人が死亡するといわれる。
予防にはワクチンが有効。厚労省は海外へ行く前には、接種歴を確認するほか、2 回受けていない人は接種の検討を勧めている。