最新情報
 

緑内障、眼圧による診断精度は「実用不能」/BMJ 10 月 20 日


英国の EPIC-Norfolk コホートから抽出した 48-92 歳の男女 8623 例を対象に、眼圧(IOP)の分布と緑内障有病率を地域ベースの横断研究で検証。参加 8401 例の平均眼圧は 16.3mmHg で、緑内障有病率は 4%、緑内障疑い率は 7%、高眼圧有病率は 10.0%だった。
新規診断された原発開放隅角緑内症患者の 76%(83 例/107 例)は、平均 IOP が高眼圧閾値(21 mmHg)を下回っており、IOP による緑内障診断の精度は低く、実用不可能と考えられた。