教育  Pharmacy Education
 
平成22年度からは6年制教育の第一期生が各大学から薬局に配属されています。
対象は薬学部の5年生で
CBT(Computer-based Testing)と
OSCE(Ovjective Structred Clonical Examination)と
二つの体系の「供用試験に合格した後に、
病院で2.5か月、薬局で2.5カ月の実習を義務付けられています。

実習は日本薬学会の作成した「実務実習モデル・コアカリキュラム」に沿って
進められます。

学生の配属先は「薬学教育協議会」の調整機構で、大学と都道府県薬剤師会と協議により決定されます。

実習指導者はワークショップなどの一定の研修を終了し
「日本薬剤師研修センター」の認定を受けた薬剤師が担当します。
指導薬剤師・高橋洋一 宮道栄子 宮道二葉

FIP Education Initiative - FIPEd
EDへのリンク

学生アンケートへのリンク


2013 FIPEd Global Education Report
リンク

アクションプランへのリンク