• ‘Evaluation of chemotherapy record to the patient medication notebook by cancer patients and community pharmacists in Japan.’
  •  
     
     
     
        学術研究活動
     
    国際学会・FAPA
    PRODUCT VARIATION A CONCERN IN INTERNET DRUG PURCHASES : ROLE OF THE PHARMACIST
    *Kunihiko Aida(1),Hisayuki Kato(1),Tomoyoshi Goto(1),Yoshiko Kumai(1), Yoichi Takahashi(1),
    Tomoko Watanabe(2),Yusaku Ohtani(2)

    Kanagawa Pharmaceutical Association(1),Medical and Environment Research Group(2)Organisations(s) and Department(s)
    *Correspondence: kpa@mail.kpa.or.jp

    【Abstract】
    In recent years, there has been a rapid growth in Internet access around the world. It is now easy to purchase medication through the internet from all over the world. Consequently there have been numerous problems resulting from medications purchased through the Internet. Drug abuseis one example. Of concern is that there is no surveillance system and insufficient regulation resulting in a disintegrated on medication distribution and also the medical system.
    In this study, drug purchases by internet were examined from the perspective of pharmacists working in a health care setting. Additionally, we analysed and examined constituents of drugs that were purchased domestically and internationally through the internet.

    【Method】
    A search of Internet websites from which to purchase drugs was conducted. An analysis of the constituents of drug products purchased was conducted at the drug Inspection agency.

    【Result and discussion】
    It was verified that there were numerous websites from which drugs could be purchased. It was found that these websites placed little restriction on drug purchases. Thus, we purchased specific drugs by internet website from all over the world and the Japanese domestic market. We compared the product name, package, label, drug information, price, formulation and active constituent between drug from overseas and drug within the country.
    It was found that there were various differences between the products from abroad and within Japan. These differences indicate that caution is required in purchasing drugs through the internet. To deal with some of the problems of internet purchases there is a need for a global control and monitoring system for internet drug purchases. Pharmacy organizations and pharmacists need to comprehend the current situation and develop adequate control and monitoring systems. In addition, we are proposing a new system of drug purchasing using internet drug purchases
    Keywords: FAPA2006, internet, websites, drug, purchases, pharmacist

    文献・「社会薬学」J-GLOBAL ID:200902246927127289 整理番号:08A0884897
    地域で活躍する薬剤師と中毒事故防止—実務実習モデルコアカリキュラムと薬局薬剤師—
    日本薬学会130年回(岡山)シンポジウム・水環境中の医薬品を考える 
    Pharmaceuticals in Water Environment and Its Effects on Aquatic Ecosystem
    廃棄される医薬品を薬局で回収する取り組について発表しました。水道水の中にすでに数十種類の医薬品が検出されています。国立医薬品食品衛生研究所の先生方や分析の専門家を交え、興味深い討論がなされ、結論として、直ちに人体に有害とは言えないが、無視することもできないレベルであろう、ということでした。 欧州では使われなかった医薬品の廃棄について回収やコスト負担の枠組みに関する議論が 始まっています。治療上の必要があって人体を通った医薬品は仕方がないとしても、せめて使用されず廃棄される医薬品が環境に影響しないよう配慮する必要があると考えます。

    articles
    Treatment at home - looking back on this year. Treatment at home. Pharmacist and control of medical waste.
    在宅医療―この一年を振り返って 在宅医療 医療廃棄物の管理と薬剤師
    Authors: TAKAHASHI YOICHI (Yokohamashinakakuyakuzaishikai)
    Material: Med Pharm   Volume: 29   Issue: 6    Pages: 178-182
    Publication year: Nov. 1995

    articles
    Relation between pharmacists and medical waste. Tenth. Challenge of Region Pharmacist Association.
    薬剤師と医療廃棄物のかかわり 第10回 地域薬剤師会の取り組み
    Authors: TAKAHASHI YOICHI (Yokohamashinakakuyakuzaishikai)
    Material: Pharmaceuticals Monthly   Volume: 38   Issue: 7    Pages: 1767-1775
    Publication year: Jun. 1996

    articles
    Tackling by regional pharmacies on disposal of unnecessary pharmaceuticals.
    不要薬剤等の処理に関する地域薬局の取り組み
    Authors: TAKAHASHI YOICHI (Yokohamashinakakuyakuzaishikai)
    Material: 日本薬学会年会要旨集   Volume: 117th   Issue: 4    Pages: 265
    Publication year: Mar. 1997

    articles
    薬局の清潔度調査
    Authors: OTANI YUSAKU (Purana), TAKAHASHI YOICHI (Yokohamashinakakuyakuzaishikai)
    Material: 調剤と情報   Volume: 6   Issue: 7    Pages: 1027-1032
    Publication year: Jul. 01, 2000

    articles
    在宅医療における医療廃棄物の発生及び排出状況に関する調査 3 回収の問題と回収後の処理方法について
    Authors: NAGAMOCHI KEN (Yokohamashinakakuyakuzaishikai), TAKAHASHI YOICHI (Yokohamashi…
    Material: Japan Pharmaceutical Association Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Science   Volume: 34th   Pages: 274
    Publication year: Oct. 07, 2001

    articles
    薬剤師の職能範囲と役割 2 学校薬剤師として
    Authors: YAMAGATA MITSUMASA (Yokohamashinakakuyakuzaishikai), KATO SHOICHI (Yokohamash…
    Material: Japan Pharmaceutical Association Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Science   Volume: 34th   Pages: 273
    Publication year: Oct. 07, 2001

    articles
    薬局の清潔度調査 (2) 清潔度調査後の改善例
    Authors: OTANI YUSAKU (Purana), TAKAHASHI YOICHI (Yokohamashinakakuyakuzaishikai)
    Material: 調剤と情報   Volume: 7   Issue: 5    Pages: 721-727
    Publication year: May. 01, 2001


    薬剤師の職能範囲と役割 (3)―学校薬剤師業務の中の不思議?―
    Authors: YAMAGATA MITSUMASA (Yokohamashinakakuyakuzaishikai), KATO SHOICHI (Yokohamash…
    Material: Japan Pharmaceutical Association Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Science   Volume: 35th   Pages: 311
    Publication year: Oct. 26, 2002

    articles
    薬剤師の職能範囲と役割 (4)―会員の声を吸い上げ,反映できる薬剤師と組織的な活動のあり方とは?―
    Authors: TAKAHASHI YOICHI (Yokohamashinakakuyakuzaishikai), KATO SHOICHI (Yokohamashin…
    Material: Japan Pharmaceutical Association Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Science   Volume: 35th   Pages: 290
    Publication year: Oct. 26, 2002

    薬剤師の職能範囲と役割 (6)―学校薬剤師による新たな実務の提案―
    著者:山形光正 (横浜市中区薬剤師会), 高橋洋一 (横浜市中区薬剤師会), 加藤昇一 (横浜…
    資料名:日本薬剤師会学術大会講演要旨集   巻:36th   ページ:465
    発行年:2003年10月12日

    文献
    在宅医療における医療廃棄物の発生及び排出状況に関する調査 (5)―薬局における医療廃棄物の回収実態と新たなビジネスの提案
    著者:永持健 (横浜市中区薬剤師会), 深沢仁 (横浜市中区薬剤師会), 矢野栄子 (横浜市中…
    資料名:日本薬剤師会学術大会講演要旨集   巻:36th   ページ:449
    発行年:2003年10月12日

    文献
    薬局と医療廃棄物の関わり 1994年の医療廃棄物
    著者:高橋洋一 (横浜市中区薬剤師会)
    資料名:調剤と情報   巻:10   号:4    ページ:452-455
    発行年:2004年04月01日

    文献
    市販(OTC)薬の処方設計に関する新たな考察(2)―含有成分の比較検討から導き出される市販(OTC)薬の有用な処方/風邪薬を例として―
    著者:渡辺朋子 (昭和大 薬), 高橋瑞穂 (昭和大 薬), 根本幸夫 (昭和大 薬), …
    資料名:日本薬剤師会学術大会講演要旨集   巻:37th   ページ:273
    発行年:2004年10月

    文献
    薬局実務実習の現状と課題―薬局と大学の連携を目指して―
    著者:串田一樹 (昭和薬大), 高橋洋一 (横浜市薬剤師会), 加藤昇一 (横浜市薬剤師会)
    資料名:日本薬剤師会学術大会講演要旨集   巻:37th   ページ:131
    発行年:2004年10月

    文献
    21世紀に求められる薬局(6)―清潔度の視点から検討することの有用性と新たな薬局のあり方について―
    著者:植松和宗 (横浜市中区薬剤師会), 盛野良樹 (横浜市中区薬剤師会), 小林剛 (横浜市…
    資料名:日本薬剤師会学術大会講演要旨集   巻:37th   ページ:187
    発行年:2004年10月

    文献
    「薬剤師の職能範囲と役割(7)―学校保健法の改正と学校薬剤師のあり方を再考察する―」
    著者:山形光正 (横浜市中区薬剤師会), 高橋洋一 (横浜市中区薬剤師会), 加藤昇一 (横浜…
    資料名:日本薬剤師会学術大会講演要旨集   巻:37th   ページ:287
    発行年:2004年10月

    文献
    「在宅医療における医療廃棄物の発生及び排出状況に関する調査(6)―横浜市全体の医療廃棄物処理システムにおける薬局及び薬剤師の役割―」
    著者:永持健 (横浜市薬剤師会), 向井秀人 (横浜市薬剤師会), 深沢仁 (横浜市中区薬剤師…
    資料名:日本薬剤師会学術大会講演要旨集   巻:37th   ページ:280
    発行年:2004年10月

    文献
    薬学系シンクタンクの提言 (2)・情報の種類と利用方法
    著者:田代健 (薬学系シンクタンク研究会), 桜井正人 (医療環境研究グループ), 大谷勇作 …
    資料名:日本薬剤師会学術大会講演要旨集   巻:38th   ページ:313
    発行年:2005年

    在宅医療における医療廃棄物の発生及び排出状況に関する調査 (7)―横浜市及び横浜市薬剤師会の活動状況報告―
    著者:高橋洋一 (横浜市薬剤師会)、湯川仁 (横浜市薬剤師会)、熊谷典昭 (横浜市薬剤師会)・・・
    資料名:日本薬剤師会学術大会講演要旨集 巻:38th ページ:296
    発行年:2005年

    文献
    在宅医療における医療廃棄物の発生及び排出状況に関する調査 (7)―横浜市及び横浜市薬剤師会の活動状況報告―
    著者:高橋洋一 (横浜市薬剤師会), 湯川仁 (横浜市薬剤師会), 熊谷典昭 (横浜市薬剤師会), …
    資料名:日本薬剤師会学術大会講演要旨集   巻:38th   ページ:296
    発行年:2005年

    医療廃棄物の現状とこれからを考える 日本の現状 薬局の取り組み
    Medical waste and future. Current situation in Japan. Pharmacist's office.
    著者:高橋洋一 (横浜市薬剤師会)
    資料名:月刊薬事 巻:48 号:5 ページ:687-690
    発行年:2006年05月01日

    文献
    医療廃棄物の現状とこれからを考える 日本の現状 薬局の取り組み
    Medical waste and future. Current situation in Japan. Pharmacist's office.
    著者:高橋洋一 (横浜市薬剤師会)
    資料名:月刊薬事   巻:48   号:5    ページ:687-690
    発行年:2006年05月01日


    調剤薬局薬剤師の生涯学習の動向と問題点‐調剤薬局薬剤師の生涯学習に関する現況を調べて‐
    Authors: KAWASHIMA JUNKO (Keio Univ., Graduate School, JPN), TAKAHASHI YOICHI (Kanagaw…
    Material: Japan Pharmaceutical Association Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Science   Volume: 40th   Pages: 386
    Publication year: 2007

    文献
    薬剤師の職能範囲と役割(15)―学校薬剤師の存在意義と役割(再び)―
    著者:油谷由美 (横浜市中区薬剤師会), 植松和宗 (横浜市中区薬剤師会), 永持健 (横浜市…
    資料名:日本薬剤師会学術大会講演要旨集   巻:42nd   ページ:383
    発行年:2009年

    J-GLOBAL ID:201002238633962480 整理番号:10A0268547
    薬局における不用医薬品の回収の取り組み
    著者:高橋洋一 (横浜市薬剤師会)
    資料名:日本薬学会年会要旨集 巻:130th 号:1 ページ:306
    発行年:2010年03月05日

    薬剤師の職能範囲と役割(17)―薬物乱用防止講義の検証例/児童達への伝え方―
    著者:植松和宗 (横浜市中区薬剤師会), 油谷由美 (横浜市中区薬剤師会), 永持健 (横浜市…
    資料名:日本薬剤師会学術大会講演要旨集   巻:43rd   ページ:398
    発行年:2010年

    articles
    保険薬局の在宅医療への関与の実態と課題
    Authors: KAMEI MIWAKO (Coll. Pharmacy, Nihon Univ.), WATANABE FUMIYUKI (Coll. Pharmacy…
    Material: 日本薬学会年会要旨集   Volume: 132nd   Issue: 4    Pages: 260
    Publication year: Mar. 05, 2012

    ノロウイルス食中毒対策に関する学校関係者の意識調査 その1 先生を対象として
    著者:油谷由美 (横浜市中区薬剤師会), 植松和宗 (横浜市中区薬剤師会), 永持健 (横浜市…
    資料名:日本薬剤師会学術大会講演要旨集   巻:45th   ページ:381
    発行年:2012年

    articles
    保険薬局の在宅医療への関与の実態と課題
    Authors: KAMEI MIWAKO (Coll. Pharmacy, Nihon Univ.), WATANABE FUMIYUKI (Coll. Pharmacy…
    Material: 日本薬学会年会要旨集   Volume: 132nd   Issue: 4    Pages: 260
    Publication year: Mar. 05, 2012

    ノロウイルス食中毒対策に関する学校関係者の意識調査 その2―給食関係者を対象として―
    著者:植松和宗 (横浜市中区薬剤師会)、油谷由美 (横浜市中区薬剤師会)、永持健 (横浜市中区薬剤師会)・・・
    資料名:日本薬剤師会学術大会講演要旨集 巻:45th ページ:381
    発行年:2012年

    21世紀に求められる薬局(10)―薬局における後発医薬品の採用状況について―
    著者:永持健 (横浜市中区薬剤師会), 油谷由美 (横浜市中区薬剤師会), 田中大嗣 (横浜市…
    資料名:日本薬剤師会学術大会講演要旨集   巻:46th   ページ:372
    発行年:2013年

    21世紀に求められる薬局(11)―薬局における後発医薬品の変更状況について―
    著者:植松和宗 (横浜市中区薬剤師会), 永持健 (横浜市中区薬剤師会), 油谷由美 (横浜市…
    資料名:日本薬剤師会学術大会講演要旨集   巻:46th   ページ:372
    発行年:2013年

    学校給食における食物アレルギーに関する調査研究
    著者:油谷由美 (横浜市中区薬剤師会)、植松和宗 (横浜市中区薬剤師会)、永持健 (横浜市中区薬剤師会)・・・
    資料名:日本薬剤師会学術大会講演要旨集 巻:47th ページ:432
    発行年:2014年

    21世紀に求められる薬局(12)―薬局における抗がん剤の使用状況について―
    著者:植松和宗 (横浜市中区薬剤師会)、永持健 (横浜市中区薬剤師会)、油谷由美 (横浜市中区薬剤師会)・・・
    資料名:日本薬剤師会学術大会講演要旨集 巻:47th ページ:374
    発行年:2014年

    著書 (分担執筆)
    「社会薬学」 南江堂
    「医療廃棄物の適正処理」 薬業時報社
    「病院・薬局実務実習・スタンダード薬学シリーズ」 東京化学同人
    「知っておきたい薬学用語」日本薬学会 東京化学同人


    所属学会;日本社会薬学会 日本プライマリケア学会神奈川支部

     兼任教員;横浜薬科大学(客員教授) 北里大学薬学部ほか

     行政/公益;独立行政法人医薬品医療機器総合機構審査専門委員
    公益社団法人薬剤師認定認証機構委員
    神奈川県保健医療計画推進会議 ほか